重複データマクロ 指定したキーにしたがって対象データの重複状況を判定しマークや出力等するマクロ
*ご利用者多数の人気商品です。
*お試しは無料ですので、ぜひご利用下さい。

用途・特徴


・ マクロをDLL化し、マッチングマクロで好評な高速解析ロジックを搭載したことにより、高速に処理可能
・ 重複状況を 値の現れた順に 「初データ」「後データ」 と捉え感覚的に指定しやすく。
・ 指定するだけで 重複状況の把握やデータ種類の取得が簡単にできるようになる。


・ 初・後 判定や、どのデータと重複かの把握、データ種類の取得など
  〜 マーク、セレクト、件数カウント、指定場所へ出力 など処理も充実 〜
・ 未ソートデータ対応、複数キー対応。
・ 判定後の処理を 基本 と 高度 に分けて、シンプルと充実を両立

処理の概要

EXCELデータを対象に指定したキーにしたがって重複状況を判定しマークや出力等します。


・ 入力支援ツールや項目説明コメント、使用例などが充実しているので、誰でも簡単に利用できます。

・ 次のような重複状況等を容易に把握・取得できるようになります。

  ・データの種類は何種類あるか
  ・重複のないデータ種類一覧の取得
  ・各データは何件目か
  ・どのデータと重複しているのか
  等々


・ マクロをDLL化し、マッチングマクロで好評な高速解析ロジックを搭載したことにより、高速に処理可能


<1> 重複状況の把握にあたって データを 値の現れる順番から 「初データ」、「後データ」ととらえます。


      初データ : 初めて現れる値のデータ。
     後データ : 2番目以降に現れるデータ。

   簡単な例では、このようになります。


   このようにとらえることで、感覚的にわかりやすく簡単に重複処理に関する様々な指定ができるようになります。
       ( 参考 ) 高度処理(後述)では、「 初データ 」をさらに 当該1件しかない「 単独データ 」と、
            2件以上あるうちの1件目の「 先データ 」の2種類に分けて把握できるようにしています。


<2> 重複に関する次のようなさまざまな処理が利用できます。


  @件数の把握 : 初データ、後データの件数がわかるので、
    ⇒ データ種類が何件あるかが簡単にわかります。

  Aマーク設定  : 指定された列に、初・後データのマークを出力できるので、
    ⇒ どのデータが初データか、後データかが簡単に把握できます。

  B初の行番号の設定 : 指定された列に、該当データに対応する初データの行番号を出力できるので、
    ⇒ どのデータと重複しているのかが行番号でわかるようになります。

  Cカウントの設定 : 指定された列に、重複カウントを出力できるので、
    ⇒ 重複何件目なのかがわかるようになります。

  D初データを出力 : 初データの一覧を指定された場所へ出力できるので、
    ⇒ データ種類の一覧を簡単に取得できます。
  ※ 別シート・別ブックへ出力対応、件数列の出力対応 等

  E後データを削除 : 初データを残して、後データ行のみを削除できるので、
     ⇒ この方法でも初データの一覧を簡単に取得できます。
  等


<3> さらに高度処理があり、次のようなことが可能です。

   (  高度処理 : 上記<1><2>よりもさらに高度な処理が必要なときに利用する。
      普段は非表示状態になっているので、必要時に展開表示して利用する。 )

 ・ 「初データ」をさらに 当該1件しかない「単独データ」と、 2件以上あるうちの1件目の「先データ」の2種類に分けて把握できる。
   つまり、「単独データ」、「先データ」、「後データ」の3種類を指定できるようになり、
  一段と詳細に把握できるようになります。


 ・ 重複状況に関する各種データの把握ができます。
    ・初データ : 初めて現れた値のデータ。 高度処理時はさらに次の2つに分けて把握可能
    ・単独データ : 他に同じ値がないデータ
    ・先データ   : 他に同じ値があるデータのうち1番目に現れたデータ
    ・後データ : 同じ値のうち2件目以降に現れたデータ

   処理の例 :




<4>判定方法も充実

 ・ 複数キー対応 : キーの数は1列〜全列(最大256列)まで可能。
 ・ 未ソートデータも対応。
 ・ キーが複数あるときの重複判定方法を次から指定可能
    @全てのキーが一致して重複と判定する (通常)
    Aキーのどれか1つでも一致したら重複と判定する


<5>データ件数の増減は自動対応

 ・ データ件数が増減してもパラメータの変更は不要。


<6>件数のカウントのみが可能

 ・ 実際に更新処理する前に、キーの妥当性などのあたりをつけてから更新処理できます。

 

このように、標準のEXCELと比べても、断然充実・高機能!!

特にこんな方にお勧め

★ データ種類の取得、グループ分け、親子(重複1件目)判定、集計用フラグの設定など行う方

★ 同一データ内での各種判定をよく行う方

★ EXCELでデータ処理する方全般

画面イメージと指定方法の概要

★まず先にセットアップを実行してください。

使い方例

 主な使い方の紹介。色々な業務での活用例です。⇒ 使い方の例へ

ダウンロード <最新版>

<最新版> V811.0005 (2016/07/27)    Excel2007以降対応(*)


(*) 対応EXCEL : EXCEL2007以降対応。  EXCEL2010、EXCEL2013など
              ( EXCEL2003以前の方は、EXCEL2003以前用をご利用ください。
               EXCEL2003以前用も引き続きダウンロード可能です )
     対応OS      : XP以降対応。 Windows-7、Windows-10など


 
ダウンロードのページへ

 ・履歴

・ EXCEL2007以降に本格対応しました。 ( 2016/07/27 )
  これにより拡張子はxlsmとなりました。
  EXCEL2003以前の方はVer6.2をご利用ください。 EC研究所のサイトからダウンロードできます。
  一段と高速になりました。
  処理の起動や終了などの各ロジックに磨きをかけ、さらに高速にしました。
  操作画面を見やすく使いやすくしました。
  配置、ボタンの大きさや配色、罫線など見直し見やすく・使いやすくしました。
  説明やヘルプを見やすくし、説明を充実しました。 

・ 一部のキーが一致の空欄対応 等 ( 2008/09/13 )
  重複判定方法が 一部のキーが一致 の場合、キーに空欄があると以降をすべて一致と判定していたが、
  空欄は空欄のみと一致するようにした。これにより、空欄が含まれるデータでも処理可能となった。 等々。
・ 約2年ぶりVUP。 ( 2006/12/09 )
  マクロをDLL化し、かつマッチングマクロで好評な高速解析ロジックを搭載して、高速処理を実現。
  範囲指定画面の見直し。その他細かい点の修正、等々。
・ 重複状況を「初」「後」へ変更し一段とわかりやすく。 V-UP  V3.72  (2004/3/15)
  またデータ削除処理が高度を開いた状態でなくても処理するようバグを修正。など

・ 通常処理で親子マーク、件数出力、出力データのキー列指定が可能など V-UP  V3.7  (12/9)
・ 大幅バージョンアップ V3.5  (9/16)
・ ツール集第5弾として公開 (2003/6/27)
最大40%割引 Vectorダウンロード販売