データセレクトマクロ EXCEL表を指定した条件でセレクトし、カウントやマーキング、指定場所に出力等する
*お試しは無料ですので、ぜひご利用下さい。

用途・特徴


・ パラメータはシート設定方式で、簡単に設定、保存・再利用可能、繰返し利用が可能 。
・ 使える特殊値が多い 〜 <空白>、<数値>、<文字列>、<エラー値>、<論理値>など〜 。
・ セレクト後の処理が充実 〜 マーク、指定場所出力、書式変更 等々 〜 。


・ シンプルな処理から高速処理まで可能で、毎回似たようなセレクト作業をする方に。
・ 複雑なセレクト条件でセレクトする方 など多くの方に複数データ間での作業に 。

処理の概要

このマクロは、EXCEL表を指定した条件でセレクトし、カウントやマーキング、指定場所に出力等するものです。


<1>シートに設定する方式を採用

   ・ 設定内容の保存が可能、再実行も簡単
   ・ 多数の条件でも視覚的にわかりやすく
   ・ 大量の設定でもコピーやオートフィルが使え、設定が楽
   ・ 条件の追加・変更・削除が簡単
   ・ 別のデータなどにも簡単に再利用
   ・ オートフィルタではできない1列に3条件以上など、複雑な指定も可能

<2>セレクトエンジン部分にオートフィルタや検索処理を組合わせているので、高速処理可能



<3>使用できる特殊値には、 <空白>、<数値>、<文字列>、<エラー値>、<論理値>などが使用可能

   ・ 文字列だけセレクトしたり、エラー値だけセレクトしたりすることが可能

<4>大量のパラメータでも設定可能

   ・ 最高 100パラメータ(行)
   ・ 1行あたり、50条件
 

<5>セレクト後の処理内容が充実

    @全体として一致/不一致のデータに対して、
     ・マーク、指定場所に出力、書式変更、行削除、行非表示 が可能
    A各条件ごとに、一致データに対して、
     ・マークが可能
    Bさらにそれらを、同時かつ別々に指定可能
    ⇒セレクト後の処理が柔軟にできる

<6> 対象データは一度マクロ内部の処理エリアにコピーしてからセレクト処理するので、安心

   ・ 更新処理以前(=件数カウント処理まで)であれば、対象データは更新されません
 

<7>パラメータを2条件行以上指定した場合の条件指定が豊富

   ・ 各条件の範囲指定で、「毎回全件を対象」、「絞込み」、「残り」が使え
   ⇒件数調査や対象データの選択が柔軟に可能

<8> 処理モードとして、「件数カウントのみ」と、更新処理する「処理開始」の2つを用意

   ・ 件数だけ知りたい場合や、パラメータの確認時には高速に処理可能
 

<9> データ最終行に自動判定が使える

   ・ データ件数が増減しても設定変更が不要

特にこんな方にお勧め

★ 多数・複雑 な条件 のセレクト作業を行っている方 ( オートフィルタでは面倒 )


★ 定例・多頻度  のセレクト作業を行っている方 ( オートフィルタでは面倒 )


★ <特殊値>を使用したセレクト作業を行う方 ( オートフィルタではできない )


★ 多数の条件によるグループ分け作業を行う方


★ 多数・複雑な条件による判定結果の集約作業を行う方


★ エラーデータの判定作業を行う方


★ セレクトするマクロを作成している方

    ・ 多数のブックやシートに対するセレクト作業も当マクロをユーザマクロに組み込めば簡単

★ その他、次のような使い方もできる

    ・ 特定値や空白行の行削除マクロ
    ・ 特定値や全体のデータコピーマクロ
画面イメージと指定方法の概要
クリックすると拡大表示されます
↓ ↓

★まず先にセットアップを実行してください。

使い方例

 主な使い方の紹介。色々な業務での活用例です。⇒ 使い方の例へ

ダウンロード <最新版>

<最新版> V811.0003 (2016/7/25)   Excel2007以降対応(*)


(*) 対応EXCEL : EXCEL2007以降対応。  EXCEL2010、EXCEL2013など
              ( EXCEL2003以前の方は、EXCEL2003以前用をご利用ください。
               EXCEL2003以前用も引き続きダウンロード可能です )
     対応OS      : XP以降対応。 Windows-7、Windows-10など


 
ダウンロードのページへ

 ・履歴

   ・8.11へV-up: ・EXCEL2007以降に本格対応しました。
             これにより拡張子はxlsmとなりました。、
             EXCEL2003以前の方はVer6.1をご利用ください。EC研究所のサイトからダウンロードできます。
            ・一段と高速になりました。
             処理の起動や終了などの各ロジックに磨きをかけ、さらに高速にしました。
            ・操作画面を見やすく使いやすくしました。
             配置、ボタンの大きさや配色、罫線など見直し見やすく・使いやすくしました。
            ・説明やヘルプを見やすくし、説明を充実しました。 ( 2016/7/25 )

   ・6.12へV-up: 処理中断対応、処理途中のメッセージのわかりやすさ対応、Jumpボタン対応など、
            各種の信頼性を向上させています。( 2008/12/30 )
  ・6.1へV-up: 5年ぶりにバージョンアップ。DLL化し処理速度が向上、信頼性もアップ。( 2008/12/16 )
  ・3.52へV-up : 文字列の数値に対応。 従来は、数値をセルの表示形式で文字列にしていた場合に対応していたが、
           当バージョンより、セルの表示形式にかかわらず文字列として入力された数値に対応。(2004./3/8)
  ・3.5へV-up : 全面再構築し、入力指定方法、処理内容、処理スピードなど大幅に改善・向上など。 (10/29)
  ・公開 Ver3.1 (2003/5/19)
最大40%割引 Vectorダウンロード販売